中古マンション売却の時に結ぶ、媒介契約って??

シンプルエストの現場営業マンが教える中古マンション売却のヒント

ホーム シンプルエストの現場営業マンが教える中古マンション売却のヒント 中古マンション売却の時に結ぶ、媒介契約って??

中古マンション売却の際、不動産会社と結ぶ『媒介契約』というものがあります。

『媒介契約』にも種類が3つあり

・一般媒介契約
・専任媒介契約
・専属専任媒介契約

となります。

そもそも媒介契約って??

めちゃくちゃ簡単に説明すると、「売却活動を依頼しましたよー」という契約。
宅建業法のルールで売却活動を依頼する場合、必ず結ばなくてはいけません。

主な契約内容は
・複数業者と契約してよいか
・契約の有効期間
・指定流通機構(レインズ)への登録
・活動状況の報告の義務
・依頼者自らが買手を見つけてよいか

となります。それぞれ契約内容が違ってくるので、特徴を解説していきます。

指定流通機構(レインズ)って??

レインズ(REINS)とは、「Real Estate Information Network System」の略称で、国土交通大臣から指定を受け指定流通機構により運営しているコンピューターネットワークシステムです。会員となっている不動産会社しか見ることができません。
過去に賃貸でも売買でも不動産会社に行ったことがある人は、不動産会社の担当が「僕ら業者しか見れないサイトがあるんですけど~」のフレーズを聞いたことがある!という人は少なくないはず!
いわゆる、業者しか見れないサイトというのがレインズです。

一般媒介契約とは??

一般媒介契約は、3つの中で一番制限の少ない契約
複数の不動産会社に売却活動を依頼でき、契約期間の指定もなくレインズへの登録と状況報告も任意で依頼者自ら買手を見つけることもできます

※複数社に依頼できるので、売却活動の幅は広がる可能性がありますが不動産会社によっては売却活動をしても他の不動産会社に成約されてしまう可能性があるので、広告費をかけて積極的な販売活動が期待できない場合もあります。。

専任媒介契約とは??

依頼できる不動産は1社のみで、契約期間は3ヶ月以内でレインズには契約から7日以内の登録義務があり、状況報告は2週間に1回以上です。こちらの契約も依頼者自ら買手を見つけることができます

※1社のみの契約になる為、積極的な販売活動が期待出来ますが他との競合がないので依頼した不動産会社の頑張り次第になるので、不動産会社選びは慎重に!!

専属専任媒介契約とは??

専属専任媒介契約は、3つの中で一番制限の多い契約
依頼できる不動産は1社のみで、契約期間は3ヶ月以内でレインズには契約から5日以内の登録義務があり、状況報告は1週間に1回以上です。こちらは他2つの契約と違い、依頼者自ら買手を見つけることができません

※こちらも専任媒介契約と同様、1社のみの契約となるので、信頼できる不動産会社を探して契約しましょう!

媒介表

媒介契約時に費用は発生するの??

媒介契約は「売却活動を依頼する契約」になるので、費用は発生しません。
不動産の売買は成功報酬になるので、売却の売買契約が成立して不動産会社への仲介手数料が発生します。仲介手数料の他にも売却時に発生する費用もありますので、気になる人はコチラをご覧ください↓↓↓↓↓↓

まとめ

営業マン視点の本音をいうと、他の会社にもお願いできる一般媒介契約よりも専任媒介契約や専属専任媒介契約のように「あなたにお願いする」と言われた方が、モチベーションも上がり力が入るというのが、本音ではありますが。。それぞれ売却の事情も背景も違うと思うので、担当営業マンとしっかり話し合ってどの媒介契約にするか決めてもらえればと思います。

来店して相談する

同じエリアの物件